Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

トレーニング直後のプロテインは本当に有効なのか?

プロテインを摂取するタイミングについては所説あります。

その中でも有名なのが、「トレーニング後は30分以内にプロテインを摂取しなければならない」という話です。

トレーニング界の常識のようにされていますが、トレーニング直後のプロテイン摂取は本当に有効なのでしょうか?

f:id:mr-flag:20161020174757j:plain

なぜトレーニング直後のプロテインは有効とされているのか?

トレーニング直後約30分は栄養補給のゴールデンタイムと言われています。

なぜそう呼ばれるかというと、運動直後はエネルギーが枯渇した状態で身体が栄養を欲しており、吸収率が高いと考えられているからです。そして、運動後は急いで栄養補給しないとエネルギーを作り出すために筋肉が分解されてしまうと考えられています。

以上のような理由で、運動後すぐにプロテインを摂取している人が多いです。ジムに行けば必ずロッカールームでプロテインを飲んでいる人が見られるはずです。

また中にはゴールデンタイムにプロテインを摂取できないとトレーニングが台無しになると思っている人まで存在します。

実際どうなのか?

今のところ、トレーニング直後のプロテイン摂取の有効性を明確に証明できている研究結果は無いようです。

そもそもこういった仮説が挙がったのは、トレーニング後の炭水化物の摂取タイミングがグリコーゲンの回復にどのような影響を与えるかを研究したものが発端とされています。

ちなみにこの研究では、トレーニング後、炭水化物の摂取が遅れると、グリコーゲンの回復量が下がったという結果が出ています。

しかし、この結果は数時間の観察に限定したものです。
その後24時間に渡り観察すると結局最終的にはグリコーゲンの回復量には差が出なかったという結果が出ています。

つまり栄養補給のタイミングが遅れてもしっかり吸収されて回復するということです。おそらくですが、これはタンパク質の摂取についても同様に考えて問題ないと思われます。

じゃあプロテイン摂取タイミングはどうすればよいか?

以上のことから次のようなことがいえます。

  • トレーニング直後のプロテイン摂取はマイナスにはならないが、おそらくそこまでプラスにもならない
  • トレーニング後プロテインを摂取する時間が遅れても大丈夫
  • 翌日早い時間に運動をするなど、回復を早めたい事情があればトレーニング直後の栄養補給にも意味がある

もちろんこれらの考えは、同じ量の栄養素を摂取した際の比較に基づいています。当たり前ですがトレーニング直後に栄養補給をしても、1日を通してみたときに栄養が足りていなければ回復しませんし、筋肉も付きません。

1番重要なのは、1日のトータルのタンパク質摂取量です。

もちろんボディビルダーぐらいのレベルになればタイミングなど細かいところを意識することにも意味が出てくるかもしれません。しかし、ほとんどの人にとって摂取タイミングは神経質になる必要はないでしょう。