Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

有名人やスター選手がやっているというだけで簡単に間違ったトレーニング・ダイエットが流行してしまうので注意しよう

毎年のように新しいトレーニング法・エクササイズ・ダイエット法が流行っては廃れていきます。

特に有名なアスリートや芸能人、モデルなどが実践しているとなるとその影響力は絶大で、あっという間に世間に浸透していきます。

しかし、そういった方法を真似ても成功する保証はありません。

f:id:mr-flag:20161028233143j:plain

なぜ有名人のトレーニングを安易に真似してはいけないのか

なぜなら芸能人やモデルはおろかアスリートでさえトレーニングのスペシャリストではありません。

中には勉強してしっかりとした知識・技術を持っている人もいるかもしれませんが、メディアを通して見る彼ら、彼女らの発言を聞く限りそういった人は圧倒的少数派でしょう。

専門家から見ると、有名人の行っている方法は科学的根拠もなく結構間違っていることが多です。

なぜ有名人は成功しているのか

アスリートの場合は、専属のコーチやトレーナーが付いている場合が多く、適切な指導を受けているからです。また、一流アスリートの場合、圧倒的な才能があり、間違った方法でも成績を上げてしまいます。

芸能人の場合もトレーナーを雇っている人は成功しやすいでしょう。しかし彼らの中には自己流で行っている人も少なくありません。特に意識が高い人はあれこれいろんな方法に手を出しています。そして、その結果成功しています。

色んな方法に手を出している人は何が効いて成功したのか分かってない

意識が高い人は本当に色々な方法に手を出します。生活の中でも細かいところまで注意を払って生活しています。

例えば、

  • Aを食べたり
  • Bを食べないようにしたり
  • Cという運動を行ったり
  • Dということをやらないようにしたり...

結果としては成功するのですが、その後が問題です。

テレビや雑誌などで「私はCという運動でシェイプアップに成功しました」と披露してしまうのです。

このCという運動が本当に効果的であればまあ多少救いようがあるのですがそうもいきません。

今回シェイプアップに成功したのをCのお陰だというように断言したり、ピックアップされたりしますが本当にそうでしょうか?

もしかしたらCはさほど役に立っておらず、効果を発揮していたのはAやBもしくはDであったのではないでしょうか?そうとも知らずにCという運動を前面に出すために、視聴者や読者はそれを真に受けてCという方法だけをマネしてしまいます。Cという運動が本当に効果的であれば成功しますが、間違った方法であれば思うような効果が出ないはずです。

発信している本人には悪気は無く、良いことを伝えているつもりかもしれませんが、有名人とメディアの影響力は凄まじくあっという間に世間に広まります。

世の中ではこういうことが頻繁に起こっているのです。だから世間には失敗する人が後を絶たないのです。

色んな方法に手を出す人は多くの無駄な努力をしている可能性あり

良くあることです。

ABCDEFG色んな方法を行っていても、実際に効果があるのはAとBでそれ以外はやってもやらなくてもほとんど影響しないということ。 

この場合、CDEFGは無駄な努力です。効果があっても、労力に見合わない小さい効果です。

これは経験の浅いトレーナーにも多くみられることです。色々な情報をかき集めて知識が増えて指導者のレベルが上がったと勘違いして、クライアントに無駄な努力をさせてしまうのです。

世間に与える影響力は

一流指導者の本当に効果的な方法<素人有名人の間違った方法

メディアの力は本当に怖いもので、有名人が「こんなのやってます」というと本当にすぐ真似する人が続出します。

これはプロの指導者からすると本当に迷惑です。正しい方向に持っていこうとしているのにメディアに軌道をずらされてしまいます。

間違った情報に免疫を付けるためには

これから先も間違った情報は次から次へと出てくることでしょう。そういった間違った方法に惑わされないようにするためにもその情報の妥当性を見極められるようにしていかなければなりません。

情報は白か黒かでなく「程度はどうか」ということを考える癖を付けるべきです。

また、その程度により物事に優先順位をしっかりと付け、重要なポイントから目を逸らさないようにすることが大切です。

関連記事