Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

プロ野球日本ハム大谷翔平選手のウェイトトレーニングに対する考え方が素晴らしい

日本ハム投手大谷翔平選手のウェイトトレーニングに対する考え方が非常に素晴らしいので紹介します。

未だにウェイトトレーニングを否定する時代遅れな指導者や、成績不振をウェイトトレーニングのせいにする選手、「ウェイトトレーニングで付いた筋肉は使えない筋肉」論者などは目をかっぽじって読んで欲しいと思います。

f:id:mr-flag:20161031094336j:plain

大谷選手のウェイトトレーニングに対する考え方はすでにメジャー級

まずはコチラのインタビューを読んでみて下さい↓

www.nikkan-gendai.com

この記事を読む限り大谷選手のトレーニングに対する考え方は完璧で、今後も大いに期待できそうです。

野球関係者以外にも多くの人が参考にするべき考え方だと思います。

今回は参考になる所を何点かピックアップして解説していきます。

筋力が無いとできない技術がある

筋力がないとできない技術やメカニズムや動きがあるので。技術をうまくするためのフィジカルだと思っています。

これはまさにその通りです。

よく素人がプロのフォームやテクニックを真似ることがありますが、中々上手くいきません。

そもそもそのフォームに必要な筋力が足りていないからです。

例えば重いバットを使えば飛距離を伸ばせるかもしれませんが、それに見合った筋力がないと使いこなせないでしょう。

筋力を強化しないということは、選手としての可能性を狭めるということなのです。

そして筋力の強化は選手としての可能性を広げることに繋がります。

筋力向上≠競技力向上だが筋力向上は競技力向上のための一要素

筋力をつければ野球がうまくなるなんてこともありませんから。野球がうまくなるために必要なこととしてウエートトレーニングを入れているだけ。

これも凄く大切です。

よく「ボディービルダーは筋肉ムキムキなのに他のスポーツじゃ通用しないじゃん」と言う馬鹿な人がいますが当たり前です。

筋力の強化はあくまでも選手としてのポテンシャルを広げる行為です。それだけで競技力が向上するわけではありません。

あくまでも競技力向上のための一つの要素です。

筋力を強化したら今度はその筋力を競技の動きに合わせて使いこなせるよう練習して最適化していかなければなりません。

【スポンサーリンク】
 

体重や体脂肪率は大した問題ではない

体重が何キロ増えたとか、体脂肪率が何%ということは、ボクはそこまで大した問題ではないと思っています。

よく途中で目的と手段がすり替わってしまう人がいます。

はじめは競技力向上が目標だったのに、いつの間にか数字が目標になってしまっている人。

競技者の場合、目標は競技力の向上であって体重や体脂肪率、トレーニングの使用重量などの数字ではありません。

まとめ

どうでしょうか?

以前コチラの記事で有名人や人気選手の間違ったトレーニングが世間に悪影響を与えるという話をしました。 

有名人やスター選手がやっているというだけで簡単に間違ったトレーニング・ダイエットが流行してしまうので注意しよう

しかし今回の大谷選手のインタビューは非常に正しいトレーニングの考え方で好影響を与えるものです。

最近ではダルビッシュ有選手など、ウェイトトレーニングに対し正しい認識を持って取り入れる選手が増えてきたように感じられます。

これは非常に良い傾向です。

スター選手が世間に与える影響力は絶大です。大谷選手やダルビッシュ選手のようなスター選手は今後も正しいトレーニング情報を発信して欲しいところです。

ただ一方であまり効果的でない自己流を披露する選手もいるので注意が必要です。

 

今後は成績不振をウェイトトレーニングのせいにする選手が減ることを祈ります。

何度も言いますが、ウェイトトレーニングで筋力を強化することで伸びしろを増やすことはできますが、それだけでは伸びません。

その後の競技練習が必要なのです。

ウェイトトレーニングを言い訳にするのはトレーニングに対する理解の乏しさを露呈する行為です。

ちなみに「筋肉が増え過ぎて身体が重くなって動きが落ちる」という人もいますがこれも間違いです。そういうことを言う選手は大抵無駄な脂肪が増えすぎなだけです。

スポーツ選手でさえ邪魔になるほどの筋肉を付けることは容易ではありませんので。

ウェイトトレーニング否定派の指導者のみなさんも大谷選手を見習って正しい理解で取り入れて下さい。今の時代どの競技もウェイトトレーニングなしで世界と渡り合うのは困難です。どの競技も日本が外国勢に負けているとすればそれはフィジカルです。

「それでも否定派だ」という人は選手の可能性を狭める老害とされていきますので覚悟して下さい。

関連記事