Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

日本人でガタイが良いといわれている人のほとんどがただのデブ

みなさんの周りに体格の良い人はいますか?

きっと一人や二人いるはずです。

しかし残念ながら彼らのほとんどがただの肥満です。

f:id:mr-flag:20161114004733j:plain

ガタイが良い人とは?

ガタイが良いといっても考え方は人それぞれだと思うので、この記事では次のように定義します。

真のガタイの良い人=筋肉で体格が良い人

偽者のガタイの良い人=筋肉以外(脂肪や骨格)で体格が良い人

 

日本人で真のガタイが良い人はほんの一握りです。

アスリートであればマッチョな人の割合も多くなると思います。

しかし一般人で何の運動もしていないのであればまずただの肥満か、骨が長かったり太かったりするだけの人つまり骨格が大きいだけの人です。

脂肪は筋肉より体積が大きい

f:id:mr-flag:20161114013613j:plain

なぜガタイが良いと思われている人のほとんどがただのデブなのかというと脂肪と筋肉の体積の差が影響しています。

脂肪と筋肉は同じ重量で比較した場合、脂肪の方が体積が大きくなります。

これはどういうことなのかというと、筋肉を付けるより脂肪を付けた方が身体を大きくしやすいということです。

例えば腕を太くしたいという場合、筋肉を付けるより脂肪を付けた方が早く簡単に太くすることができます。

周りにいませんか?上腕40㎝オーバーか下手したら50㎝オーバーの人。しかも女性で。

上腕40~50㎝といえばボディビルダーレベルです。ちょっとやそっとトレーニングしただけでは到達できませんし、何もしてない一般人や女性ならなおさらです。

彼ら、彼女らの腕の太さを構成しているのは筋肉ではなくほとんど脂肪なのです。脂肪を落とせば想像以上に細くなるでしょう。

絞れた状態で服を着てもガタイが良く見える人はほとんど存在しない

これは中級者トレーニーで勘違いしている人が非常に多いです。

服を着ていてもガタイが良くみえる人はほとんどが太っている人か、ピチピチの小さめのTシャツを着ている人などです。

階級にもよりますがボディビルダーでも服を着ればそこまで極端にガタイが良く見えることはありません。

しっかりとした減量を経験したことのないトレーニーは身体が大きくなったときに筋肉で大きくなったのだと勘違いします。(自分も減量を経験する前はそうでした)

もちろんトレーニングをしていれば筋肉も大きくなりますが、それと同時に脂肪も付くものです。

特に増量時に無計画にドカ食いしている人はその傾向が強くなります。

そして減量をして脂肪を落としていくと、想像以上に身体が細くなります。

そのときにようやく気付くのです。

「筋肉じゃなくて脂肪だったんだ」と。

なので注意してください。トップボディビルダーでもないのに服を着た状態でもかなりガタイがよく見える場合、結構脂肪が付いてしまっている可能性が高いです。

 

増量も減量も計画的に行わなければ変な勘違いをして失敗してしまいます。どのように計画して行っていけばよいか知りたいという方はコチラの記事を参考にしてください↓

www.fitness-hacker.com