Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

トレーニングフォーム解析アプリIron Pathが超おすすめ

トレーニングのフォームは超重要です。

理想的なフォームで行えているかどうかの確認はとても大切なことです。

しかし自分で確認できるのはせいぜい鏡に映った正面からみたフォームだけです。

トレーニング仲間がいれば確認してもらえますが、やはり自分で確認しないと、イメージと実際のギャップは掴めません。

理想はカメラで撮影して様々な角度からフォームをチェックするのが望ましいです。

そんなときに非常に役立つアプリ「Iron Path」をご紹介します。

f:id:mr-flag:20161118233510p:plain

Iron Pathとは

Iron Pathは横からバーベルの軌道を見ることができるアプリです。

トレーニングのフォームは身体の細かい使い方も重要ですが、バーの軌道も非常に重要な要素となります。

動画撮影と同時にバーベルの軌道も記録できるので、とても簡単に分析ができます。

コチラがIron Pathです↓

Iron Path

Iron Path

  • William Bishop
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

どのような感じになるかはコチラの動画を見ていただければわかるかと思います↓


Trying out the "Iron Path" app.

Iron Pathの使いどころ

バーベル種目であればほとんどの種目で使用可能です。

特にBIG3のスクワット、ベンチプレス、デッドリフトや、パワークリーン、スナッチ、ジャークなどでの使用がおすすめです。

もちろんその他フロントプレスやベントオーバーローなど様々な種目でも使用できます。

ウェイトリフターやパワーリフターには必須のアプリ

特にウェイトリフターとパワーリフターにとっては非常に役立つアプリだと思います。

なぜなら記録向上のためにはバーベルの軌道を効率の良い理想的な軌道にすることが重要なポイントになるからです。

このアプリを使えばパソコンに弱い人でもスマホだけで自分で簡単に分析できてしまいます。

BIG3の記録を伸ばしたい人やプラトーに陥っている人にもおすすめ

伸び悩んでいる人はフォームに問題があるケースが多いです。

正しいトレーニング、正しい栄養摂取、正しい休息ができていれば伸びるはずです。

もしも栄養摂取と休息がしっかりできているのに伸びていなければそれはトレーニングに問題がある可能性が高いです。

特に問題が見られやすいのがフォームです。

長いことトレーニングしていると知らず知らずのうちに変な癖が付いて、バーベルの軌道が理想的な軌道からズレていることがあります。

軌道がズレると、力学的に不利で必要以上に重量が重く感じられたり、ターゲットの筋肉以外の部分に負荷が掛かってしまったりしてしまうので結果的に伸びないのです。

動画を撮影し、客観的に確認することで修正を図るべきです。

トレーナー・ストレングスコーチなど指導者にもおすすめ

クライアントや選手には言葉で説明するだけでなく、動画で見せた方が手っ取り早いです。

Iron Path Proもあります

Iron Path Pro

Iron Path Pro

  • William Bishop
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥480

Proでは速度、加速度、距離など更に細かいところまで解析可能です。またデータを表やグラフにもできます。