Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

バルクスポーツ「クレアチンタブ」レビュー

私はBIG3のMAX更新をトレーニングの第一目標にしているのでクレアチンは重宝しています。今までは粉末タイプのクレアチンを主に使っていました。今回はバルクスポーツのクレアチンタブというタブレットタイプのものを使用したのでレビューします。

f:id:mr-flag:20170208232835j:plain

クレアチンタブのスペック

パッケージの大きさ

f:id:mr-flag:20170208235424j:plain

ちょうどペットボトルの半分ぐらいの大きさです。

これならバッグなどに入れてもかさばりません。

中身

f:id:mr-flag:20170208235648j:plain

中にはクレアチンタブレットがぎっしり詰まっています。

1パッケージ:375粒

1回8~12粒(46~31回分)

タブレットの大きさ

f:id:mr-flag:20170208232336j:plain

爪楊枝と比較すると小さいのが分かるかと思います。

ただしこれを1日12粒飲みます。

栄養成分

1日分(12粒あたり)

エネルギー:23.7kcal

たんぱく質:4.3g

炭水化物:1.4g

脂質:0.1g

ナトリウム:0.7mg

Creapure®(クレアチンモノハイドレード):4.8g

摂取方法

1日8~12粒を水などと一緒に飲みます。

ここが他のクレアチンと違う点ですね。従来のクレアチンは水やお湯に溶かして飲むのが一般的でした。しかし最近はタブレットやカプセルタイプの商品が出てきています。

クレアチンローディング時の摂取方法

5日間でローディングする場合(大会前など急いでいる場合)

1回12タブレットを1日4回摂取(48粒/日)を食事やトレーニング前後のタイミングで摂取

約30日間でローディングする場合(急を要さない場合)

1日12タブレットを食事やトレーニング前後のタイミングで摂取

おすすめポイント

手軽

何といってもこれが1番のおすすめポイントです。

プロテインなどのサプリメント全般に言えることですが、忙しいとついつい飲むのを忘れてしまいます。特にクレアチンなんて水に溶かしたりするのが面倒で飲むのを忘れちゃうことが多いです。

その点、タブレットだと持ち運びも楽で、忘れずに摂取できます。従来の粉末タイプのものだと小分けにしたり持ち運んだりするのが面倒なんですよね。実際私はクレアチンタブにしてからは忘れずに摂取できています。

バルクスポーツは安全

f:id:mr-flag:20170208232330j:plain

こちらのTSPマークが示している通り、主なドーピング禁止物質が含まれていないとされています。※「主な」とした理由は、全てを検査するのはどんな研究機関でも難しいからとされています。

TSPマークのついた製品は、第三者機関によるテストを通過し、国際オリンピック協会が決定する主なドーピング禁止成分を含まないことが証明されています。 この検査を行うパートナー(LGC)は世界有数のUKAS基準ISO17025によって承認された検査機関です。その他、安価な代替成分を使っていない事を証明する「原料の原産地証明」と、 「サプリメントの純度、ラベル表示の正確さ」を確認しています。

 参考:バルクスポーツ公式ストア / TSPマーク

特にボディビルやフィジーク、パワーリフティングなどの競技を行っている場合は、ドーピング違反にならないよう細心の注意を払わなければなりません。

一説によると外国産のサプリメントには結構な割合で表示されている成分以外にも低濃度のステロイドなど、禁止されている薬物が混入しているそうです。なのでもし何か競技などをやっている場合は、外国産のサプリメントは避け、国産のものを使用した方が安全です。

もちろん全ての外国産サプリメントがダメで、全ての国産サプリメントが安全だという訳ではありません。ちなみに国産でも普通に原料は外国産のものを使っていることが多いです。それ自体は問題ありませんが、その過程でケチったりすると粗悪品や、禁止薬物の混入の危険性が出てきます。そういった点でバルクスポーツの製品はしっかりと品質は保てていると思われます。

体感もばっちり

さて、一番大事な体感ですが、基本的に他のクレアチンと差はありません。おそらくどのメーカーのものを使っても差はほとんどないのではないでしょうか?

まあいつも通りしっかりとクレアチンとしての働きをしてくれています。高重量低レップでのトレーニングでは粘りが効きますし、減量中でも使用重量はしっかりキープできているので予定通り・期待通りの効果です。

私の場合、今までさんざんクレアチンは使ってきたので驚きはありません。でも初めて使う人にとってはその体感に驚くんじゃないかと思います。MAXが伸びたり、レップ数が増えたりなど。

追記

クレアチンタブを使用し始めて約1ヵ月が経とうとしていますが、3週間を過ぎたあたりから物凄く効いてきました。

今回はローディングなしで摂取していたので、恐らく時間を掛けて徐々に筋肉中にクレアチンが蓄えられてきたのだと思います。

結果として減量中にも関わらずデッドリフトのマックスを更新しました。スクワットとベンチプレスはマックスに挑戦していませんが、今まで使用していた重量がやたらと軽く感じます。

今までもクレアチンは使ってきましたがここまでの体感はありませんでした。というか今まで使っていた海外製品は実は粗悪品だったのか?と思ってしまいます。

今後もリピートします

私は今後もクレアチンタブをリピートすると思います。国産でタブレットタイプのものとなるとほとんどありませんからね。値段も安いしいつも使っているバルクスポーツ製品だから安心だし頼みやすいというのも魅力です。

クレアチンタブはこんな人におすすめ

  1. 筋力・瞬発力を付けたい人、MAXを更新したい人
  2. パワーリフター
  3. 粉末のクレアチンだと面倒だという人
  4. 筋肥大・バルクアップを狙っている人
  5. 伸び悩んでいる人

まとめ

サプリメントを使用していて思うのが、やっぱりお手軽さと続けやすさって大事だなぁってことです。サプリメントを摂っても全然効果を感じないっていう人はそもそも用法容量を守れていない場合が多いように感じますし、サプリメントというものを勘違いしている節があるように思います。サプリメントは基本的に大きな変化が体感できるものではありません。

しかしその中でも数少ない体感できるサプリメントがクレアチンです。クレアチンの使用を検討しているかたはおすすめなのでぜひ試してみて下さい。

ハレオ「クレアボルインフューズド」

ちなみにお金に余裕があればHALEOのクレアボルインフューズドがおすすめです。こちらの商品もTSPマークが付いており安心して使用できます。

価格がクレアチンタブの約3倍もするのですが、アミノ酸やクレアチンの取り込みを増大させる成分が含まれています。

要はクレアチンの作用を高めるための成分が沢山入っているということです。実際にクレアチンサプリメントとして優秀なようで、かなり評判が良いようです。

私も経済的に余裕が生まれればぜひ使ってみたいサプリメントです。

関連記事