Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

タフスタッフ「CPR-265パワーラック」は高いけど品質は間違いなし

今回はパワーラック第三弾でタフスタッフの「CPR-265パワーラック」をみていきます。
f:id:mr-flag:20170525002640j:plain

前回までのあらすじ

前回、前々回とホームジムの設立に向けた記事を書いてきました。

簡単にまとめると、

  • ホームジムは経済的
  • 揃えるべき器具はパワーラックとバーベルとベンチ
  • 安物のパワーラックは使い勝手悪いし危険・ダメ絶対
  • アイロテックのパワーラックはコスパが良くておすすめ
  • でもジムに通うコストを考えると直ぐに元が取れるからケチらないでもっといいやつ買ってもいいと思う
  • となるとパワーテックのやつが結構いいよ

ということでした。

ということで今回はパワーテックのパワーラックよりも高くなりますが、より完成度の高いタフスタッフのパワーラックを見ていきます。

タフスタッフ「CPR-265パワーラック」スペック

  • サイズ:奥行145×幅130×高213(cm)、フレーム内側間:約110㎝
  • 重量:99kg
  • 耐荷重量:360kg
  • チンニングバー:あり
  • ディップスアタッチメント:あり※オプションで10,000円
  • 対応バーベルシャフト:内側120㎝以下は不可


タフスタッフ パワーラック CPR-265 レビュー


タフスタッフ パワーラック CPR-265 レビュー2

サイズ

横幅130㎝、フレーム内側間約110㎝

パワーテックのパワーラックと比較すると横幅は3㎝広く、フレーム内側間は4㎝狭くなります。

ベンチプレスで81㎝ラインに人差し指を合わせて、手が片側約10㎝とすると、両脇に4.5㎝ずつの余裕が残ります。これであれば全く問題なくワイドグリップのベンチプレスが可能です。

若干パワーテックよりも狭くなりますが全然問題ない範囲です。

奥行145㎝

アイロテックと比べると16㎝長くなります。

下の土台の部分が結構長めにはみ出しているので安定感はこちらの方が上と言えます。

高さ213㎝

パワーテックと比較し+3㎝です。長身の人でもチンニングがやり易くなるはずです。

一般的な部屋の天井高は240㎝なので問題ないでしょう。

重量99kg

パワーテックと比較すると2kg重くなります。

支柱や溶接がしっかりしているようで、高級感や安定感は間違いなしです。

耐荷重量360kg

これはセーフティが800ポンドの耐荷重テストをクリアしたとのことからです。※800ポンド=360kg

パワーテックよりも94kg下回ります。ただこれだけの強度があればほとんどの人にとって十分ともいえます。

重量級フルギアパワーリフターなどであれば話しは別ですが。

チンニングバー・ディップスバー

チンニングバーはストレートタイプのものになっています。

耐荷重量は不明です。

ディップスバーはオプションで10,000円で販売されています。

こちらも耐荷重量は不明です。

バーベルシャフト内側120㎝以下は不可

セーフティーの外側から外側の幅が約120㎝です。シャフトの内側が120㎝以下は使用ができません。普通の160㎝や180㎝のシャフトは無理です。

まあもともとこういったしっかりとした作りのパワーラックはオリンピックシャフトなどのロングタイプのものを使用する前提で作られているので普通です。

価格199,800円(送料無料)

パワーテックに比べ、75,600円高くなります。

基本的な性能としては問題なく、溶接などの細かい作りとしては他のものより良さそうです。ホームジム用としては最高級と謳っています。

また、セーフティーなど細かい部分の作りを見ても他の製品よりもスムーズに調節が可能で、最もストレスなく使用できそうです。

ただ、価格面を考えるとパワーテックも捨てがたいです。

パワーテックの場合、安い上にチンニングの幅も広がるっていうのがあるんですよね。

まとめ

タフスタッフはパワーテックに比べてかなり高くなります。

ただし、細かい作りなどを考えると高いのも頷けます。おそらく長く使用して最もストレスなくトレーニングできるのはこれかもしれません。

正直これ以上のものとなると、ホームジム用というよりも、本当のジム用のものになってきます。

総合的に考えるとアイロテック、パワーテック、タフスタッフの中から選ぶことになると思います。他のものは本当にあまりお勧めできないので注意してください。

今のところ個人的な感想ではタフスタッフ=パワーテック>アイロテックといったところです。

次回からはバーベルの選び方について考察していきます↓

ホームジム用のバーベルセットの選び方

おすすめ記事