Fitness Hacker

間違った情報に振り回されず、最短で理想の肉体を手に入れる方法を伝授します。

ホームジムまとめ(いったいいくら掛かるのか)

前回までで9回に渡りホームジム設立について考察してきました。今回はそのまとめです。さて、ある程度高い品質のものを選んだ場合、いったいいくら掛かるのでしょうか。

f:id:mr-flag:20170517195616j:plain

前回までのあらすじ

前回までにホームジム作りのポイント、パワーラックの選び方、バーベルシャフトの選び方、プレートの選び方、トレーニングベンチの選び方、床の防音・防振対策について考察してきました。

選んだ器具

とりあえず私が個人的に良いと思ったものを選んで大まかな見積もりを出していきます。

パワーラック

タフスタッフ「CPR-265パワーラック」

価格:199,800円(送料無料)

タフスタッフ「CPR-265パワーラック」は高いけど品質は間違いなし

パワーテックも捨てがたいです。パワーテックにすれば75,600円安くなりますが、セーフティーの調節などの快適さや、細かい作りを考えるとこちらかなと思います。

シャフト

ブル「オリンピックシャフトBL-OPS」

価格:59,500円(関東送料無料)

バーベルシャフト比較(イヴァンコ、エレイコ、ブル、アイロテック) 

コスパ高く良い商品です。同程度の性能で他社製品の約半額です。

プレート

ROGUE スチールプレート

25kg×2枚、20kg×6枚、30kg×2枚、10kg×2枚、5kg×2枚、2.5kg×2枚、1.25×2枚

合計267.5kg(シャフトも入れれば287.5kg)

価格:255,620円(送料:7344円)合計262,964円

バーベルプレートの選び方(イヴァンコ、ブル、アイロテック、ローグ)

ちなみに25、20、15、10kgプレートをラバーにした場合は

価格:328,020円(送料:7344円)合計335,364円となります。

知らない人は恐ろしく高く感じるかもしれませんが、高品質なプレートの中ではずば抜けて安いです。プレートはROGUEで間違いないでしょう。

ベンチ

BULL「フラットベンチBL-FB」

価格:73,440円(関東送料無料)

トレーニングベンチの選び方

私の場合、フラットで十分です。それでもかなり高いですが。

FIELDOOR「トレーニング/エクササイズ用ジョイントマット」  

価格:7,900円(+送料)

コンパネ ※ホームセンターで購入

価格:10,000円前後?

カーペット ※ホームセンターで購入

価格:5,000円前後?

ホームジム床の補強、防音防振対策

見積もり合計

さていったいいくらになったのでしょうか?

発表します。

 

合計:611,260円

です。

 

どうでしょうか?高いですか?高いですよね?びっくりです。まともな商品で揃えようとするとこんなに掛かるんですね。

でも試算では私の場合約4年間で元が取れます

試算についてはコチラをご覧ください↓

ホームジム3種の神器パワーラック、バーベル、ベンチ

私の場合、交通費も計算に入れていますが、ジムの会費だけで考えても約6年で元が取れます。

 

ちなみに少し変えてみると

合計:683,660円(ラバープレートにした場合)

合計:535,660円(パワーテックのラックにした場合)

となります。

安物だけで揃えればこの半額以下で全部揃うはずです。しかし安物は後で必ず後悔します。トレーニング時にストレスを感じるだけでなく、要らなくなって捨てようと思ったら粗大ごみになります。

一方今回紹介した製品は、全て価値のある器具なのでオークションなどに出せば必ず売れると思います。なんなら出品されていたら私が買いたいぐらいです。

まとめ

今までも何度もホームジムを夢見て「どれぐらい掛かるんだろうな~」と考えていました。

そして今回、実際に色々と試算してみました。

はじめは「何やこれ!?めちゃくちゃ高いな!」と思いましたが、ジムの会費や交通費を考えると全然楽勝で元が取れることにも気付きました。

もちろんジムに行けば様々なマシンがありますし、トレーナーもいるし、刺激になるライバルもいます。ジムに通うメリットは無視できません。ボディビルやフィジーク志向の方であればマシンや器具も沢山あった方が多角的に筋肉に刺激を与えられるので、ジムに通った方が良いと思います。

ただ、私の場合は現在もほとんどBIG3しかやっていないのでジムじゃなくてもいいかなと思っています。パワーラックとバーベルがあればある程度満足に全身をトレーニングできると思っているので。

今回はパワーラックとバーベル・ベンチ中心に考察してきましたが、他にも揃えた方が良さそうなグッズがあったら随時紹介していきます。

おすすめ記事